子供を粗末に扱う親 子供をACにする家庭の実態


子供を粗末に扱う親 子供をACにする家庭の実態

子供を粗末に扱う家庭があります。親から粗末に扱われた子供は、なぜアダルトチルドレンになるのでしょうか。どんな親の態度が、子供を粗末に扱っていることになるのでしょうか。そこから回復する方法はあるのでしょうか。 ...

子供は、親からかわいがられたり、大切にされることを通じて、自分が他者から大切にされている、という感覚を知ります。しかし、ACの人の多くは、その感覚を知らないまま大人になってきています。

自分が他者から大切にされている、という感覚を知らない人は、自分が粗末に扱われているということに気づけません。自分をいじめたり、利用するような人と離れることができず、付き合い続け、傷つき続けてしまったりします。「そんなことするなんて、私は大切にされてないな。付き合うのやめよう」と思えないのです。親から、似たようなことをされてきているために、「自分はそうされて当然だ」と無意識に考えてしまいます。

関連記事
子供を理想通りに操る親【ac家庭の実態】
「お前には無理」が口癖の親【ac家庭の実態】
愛情不足な親【ac家庭の実態】
【ac克服法】キレやすい親の家庭

親から粗末に扱われてきている人は、「自分で自分を大切にする」ということもできません。嫌なことや辛いことがあったとき、自分を大事にできる人は、自分で自分を癒し、ストレスから回復することができます。しかしACの人にはそれができず、ストレスをためてしまいます。

また、親から大切にされてきていない人は、他者を大切にすることもできません。その結果、いい友達ができなかったり、異性関係で苦労したりします。子供は、親から粗末に扱われていても、それに気づけず、むしろそれが普通だと学んでしまいます。すると、他者に対しても、自分が親からされているような態度をとるようになります。思いやりを示すとか、相手の考えを尊重する、といったことができず、人と親密になることができません。

【自分で治すac】両親ともに問題のある家庭
子供を心配し過ぎる親【ac家庭の実態】
自分の理想を子供に押し付ける親【ac家庭の実態】
親の感情で子供を振り回す親 子供をacにする家庭の実態

子供の頃、親に粗末に扱われてきがそのツケは、子供自身が負わされます。親を通じて学ばなければならなかった大切なことが、スッポリ抜け落ちてしまった人。そのことで、大人になった後も苦労させられている人。それがアダルトチルドレンなのです。

子供を粗末にする家庭とは、具体的には、どんな家庭なのでしょうか。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
うつセルフチェック【無料診断】
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
acタイプ診断
愛情不足診断【愛着障害】
自己肯定感診断【簡単チェック】
ダメな親診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック
すぐわかる!ADHDチェック
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
共依存度診断【セルフチェック】

カテゴリ一覧