反抗期のない人急増中!子供を自立させない親の特徴


子供を自立させない親の末路

思春期と言えば、親との激しいバトル「反抗期」が繰り広げられるの常でした。しかし今は、反抗期がないまま大人になった人が増えています。反抗期がないと、どんな問題があるのでしょうか。反抗期がない子供は、どのような家庭に多いのでしょうか。 ...

反抗期のない子供の特徴

大人になるまでの間に、子供は何度か「反抗期」を迎えます。特に思春期における反抗期は、子供が自立していくために重要な意味があります。子供は、親の保護下に育ちます。「自分でできる」「自分でやりたい」という親の保護をはねのける気持ちが「反抗」という形で現れます。反抗期がないということは、親に迎合したまま=精神的に親から自立できていない状態、ということであり、自我未発達なのではないか、と疑ってみていいことです。

ヘコみやすい。挫折に弱い。うつ

反抗期がないまま大人になった人は、ちょっとした挫折や、周囲との摩擦に非常に弱い傾向があります。親に反発するパワーをバネに、「自分はこういう人なんだ」「自分はこう生きたい」という強さや自我を育ててきていないからです。親と思いっきりぶつかり、反抗に反抗を重ねた経験は、社会の荒波にもまれるようになったとき、自分の人生を生き抜く強さとなります。思春期にそれをしてこなかったツケを、成人後に払わされている人は少なくありません。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
承認欲求セルフチェック
親パワハラ診断
共依存度診断【セルフチェック】
毒親育ち度診断
acタイプ診断
いい子症候群診断【セルフチェック】
親ストレス診断
アダルトチルドレン セルフチェック
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック

カテゴリ一覧