自分が正しいと信じて疑わない毒親の対処法


自分が正しいと信じて疑わない毒親の対処法

自分が正しいと信じて疑わない親がいます。そんな親に悩まされている子供も。自分が正しいと信じて疑わない親には、どんな特徴があるのでしょうか。その原因は? 心理は? そこには、どんな問題が隠れているのでしょうか。そのような親には、どう対処すればいいいのでしょうか。 ...

自分が正しいと信じて疑わない人がいます。

自分の考えが正しい、と自信を持っていることは、悪いことではありません。しかし、そこに固執し、自分の間違えや、それ以外の考え方を認めなかったりすると厄介です。

関連記事
親が原因の人間不信の直し方
人間不信は親のせいだった!
「子供は親を選んで生まれてくる」と信じている毒親
「自分に自信がない」は毒親のせいだった!

自分が正しいと信じて疑わない人は、とかく「自分だけが正しい」と考えがちです。そのため、ほかの意見を「間違え」だと決めつけたがります。そのような人には、世の中にはいろいろな考え方や価値観があり、ひとつだけが正しいわけではない、ということがわかりません。

そのような人が親になると大変です。

子供から信用されない親。その特徴と対処法
自分が正しいと信じて疑わない母親の対策
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
子供より自分優先のダメ親

子供には子供の考え方や、意見、感じ方、価値観、生き方があっていいのに、自分(親)のそれと一致していないと、子供のそれを真向から否定してきます。子供は、自分を出すと否定される、ということになります。親の考えや価値観に合わせていなければならなくなり、まるで「親のクローン」のようになってしまいます。

また、自分が正しいと信じて疑わない親は、理解できないことがあると、それを「間違っている」としたがります。子供は日々成長し、やがて親を超えていく存在です。知識や経験が増え、親の理解を超えるようなことを言ったりしたりするようになったとき、それを、「自分が理解できないから」という理由で頭から否定されるのでは、子供は、自分に自信を持つことができません。

なぜそうなってしまうのでしょうか。そのような親は、小心者であることが多いのです。理解できないことがあると、人から、あるいは、子供からバカにされるのではないかと恐れていたりします。そのために、安易に相手を否定し、自分だけが正しいということにしておきたがります。

『自分がいつでも正しいと思ってる。自分が理解できないことを、すべて間違ってると決めつけないでよ』・・・毒親育ちのある人の声です。

親子関係も、人間関係のひとつです。友人や夫婦関係において、他人の価値観を受け入れにくい人は、子供の価値観も当然受け入れにくいことになります。そのため、子供が自我を確立し、「その人らしさ」が芽生える頃から、問題は急激に大きくなっていきます。そのような親の元にいる子供は、自分の存在に自信が持てません。進学や就職といった人生の重要な選択につまづき、ニートやひきこもりといった問題にもつながると言われています。

ここにもそんな人がいます。ある毒親育ちの人が、その生い立ちと、そこからの回復について語ってくれました。

自分が正しいと信じて疑わない・・そんな親に、翻弄されっぱなしの人生でした。

母は、しつけに厳しい人でした。しかも、自分がよいと思っていることだけが「正しい」。それ以外はみな「間違え」。私は、母とよしとすることだけをするように強要され続けました。

たとえば、私は母から、目上の人には、必ず「です」「ます」で話すようにしつけられました。私は小学校4年生のとき、一度だけ、おばあちゃんに「これやって!」と甘えたことがあるのだけれど、母にその場でこっぴどく叱られました。「やってください」でしょ、と。

母はいつもそんな調子でした。私は、言葉遣いから態度、髪型から服装に到るまで、何度母から「それは間違ってる」と言われたことか。それだけじゃない。母はそんなとき、「非常識だ」と言いました。私は、その言葉が大嫌いでした。それを言われると、正気ではいられないような気分になりました。自分が決して社会に受け入れてはもらえない存在であるような気がして、怖くなりました。世の中の人がみんな、内心私のことを「非常識」だと思っていて、それに気づいていないのは私だけ・・自分がひどく恥ずかしい人間に思えました。

その一方で、私はずっと納得いきませんでした。友達はみんな、おじいちゃんおばあちゃんともっとフランクに話をしてる。私もそうしてみたい、と思っただけなのに。他の人がしていることをやってるのに、なぜ非常識だと言われなければならないの? 私にはわかりませんでした。「ほかの人も、非常識ってこと?」「非常識な人も、いっぱいいれば、そっちが常識なんじゃない?」

中学生の頃、それを言って、母に食い下がったこともあったけれど、明確な答えは得られませんでした。そんなことを言い出すこと自体が「非常識」だと言わんばかりでした。「せっかくいい常識を植え付けてあげてるのに。あなたにはガッカリよ」とまで言われました。それ以来、私は2度と、母に逆らわなくなりました。母から「非常識だ」と言われるのが怖くて、母の価値観にひたすら合わせて暮らし、大学を卒業すると同時に、家を出ました。

私の悲劇は、これだけでは終わりませんでした。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
親パワハラ診断
承認欲求セルフチェック
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
共依存度診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
人間不信診断【セルフチェック】
すぐわかる!ADHDチェック
ダメな親診断【セルフチェック】
燃え尽き症候群セルフチェック
acタイプ診断

カテゴリ一覧