【認知症父の入院9】無責任な病院と医者に振り回されました


【認知症父の入院9】無責任な病院と医者に振り回されました

これは、[認知症父の入院8] からの続きです。

父、85歳。突然、「ネズミがいる」と幻覚を見て興奮状態となり、警察に取り押さえられ、精神病院に医療保護入院となりました。入院3ヵ月目に「もう何もすることがないので」と退院を強く促さたものの、要介護認定が出るまで入院継続を取り付け、結果は「要介護1」。しかし退院前日になって突然主治医から「再発するかもしれません。退院後も精神病院に行くように」と言われたのです。「なぜ急に、言うことが変わったの?」。その理由は、父の退院後にわかりました。まずは、これまでの経緯をざっくりまとめます。 ...

関連記事
認知症?精神病院に長期入院した高齢父。その全記録
【認知症父の入院1】精神病院に医療保護入院しました
【認知症父の入院2】入院3ヶ月で突然の退院宣告
【認知症父の入院3】精神病院入院中の要介護認定申請
【認知症父の入院4】退院前日に担当医と初面談

このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
完璧主義診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
すぐわかる!ADHDチェック
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
メンタル弱い度チェック
親ストレス診断
いい子症候群診断【セルフチェック】
acタイプ診断
自殺危険度診断【セルフチェック】
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】

カテゴリ一覧