虐待された子供の特徴!「後悔し過ぎる」の対応


虐待された子供の特徴!「後悔し過ぎる」の対応

過去のことを、後悔ばかりしている・・。もしあなたにそのような傾向があるなら、それは、子供の頃受けた「虐待」のせいかもしれません! ...

虐待されてきた人の特徴のひとつに「後悔し過ぎる」ということがあります。なぜ、親から虐待を受けてきた人は、後悔し過ぎる性格になるのでしょうか。それを治すことはできるのでしょうか。

親から虐待される子供は、「自分が悪い子だからだ」と考えます。大人の目から見て、明らかに間違っている親の養育態度も、幼い子供には、そうとは気づけません。「あんな親、嫌いだ」「そんな態度、間違ってる」と子供が気づけるようになるには、10年とか20年といった月日が流れています。それまでの間、虐待されている子供は、親からひどいことをされ、そのたびに「自分のせいだ」と日常的に感じていることになります。

関連記事
子供の「いつも明るい」「明るすぎる」は危険信号。その心理と対処法
子供の「おどおどする」。その心理と対処法
ビクビクする子供の心理と対処法
嘘をつく子供。その対処方法

そのような思考パターンは、子供の中に定着し、まるで条件反射のように、繰り返されるという特徴があります。気にしなくてもいいはずの過去の嫌なことが繰り返し思い出され、「あれは自分のせいだったのではないか」と、絶えず振り返えり、反省し、後悔するような思考パターンに、どうしてもなってしまうのです。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
共依存度診断【セルフチェック】
親ストレス診断
燃え尽き症候群セルフチェック
承認欲求セルフチェック
acタイプ診断
いい子症候群診断【セルフチェック】
メンタル弱い度チェック
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
毒親育ち度診断
愛情不足診断【愛着障害】

カテゴリ一覧