発達障害のうつ。原因は「親の育て方」だった!


発達障害のうつ。原因は「親の育て方」だった!

発達障害の人の中には、うつ病になる人が多いと言われています。それはなぜなのでしょうか。その原因は? 発達障害の人のうつ病は、定型発達の人のうつ病と、何か違いがあるのでしょうか。発達障害の人のうつ病には、どう対処すればいいのでしょうか。 ...

発達障害の人には、うつ病が多いと言われています。また、うつ病を疑い病院へ行ったところ、それをきっかけで発達障害であることがわかったという人も多くいます。

発達障害うつ病は、違うものです。発達障害うつ病を引き起こす、といったことはありません。また、発達障害の人が必ずうつになるのかと言えば、そんなこともありません。しかし実際には、発達障害の人には、うつ病が多いのです。それはなぜなのでしょうか。

関連記事
親の見栄。子供の発達障害を否定した毒母の末路
発達障害の子供が苦手な遊び
【ADHD】発達性協調運動障害の特徴
発達障害の仲良し夫婦

発達障害の人は、「空気が読めない」などと言われます。人の表情を読み解くことが不得手だったり、言うべきことではないことを言ってしまい、ひんしゅくを買ったり、周囲から浮いてしまったりしがちです。そんな発達障害の人が、そのことに悩んでいないか、と言えば、決してそんなことはないのです。

言ってしまっては、その場を凍り付かせ、「あ・・まずいこと言ったな」とは思っても、また同じことをしてしまいます。人の表情やその場の空気を読むことができなかったり、言動が衝動的だったりするため、どんなに反省しても、また同じことをしてしまいます。そして、自己嫌悪に陥っていたりします。

「聞こえてるのに、聞き取れない」は発達障害のせいだった!
発達障害児に与える毒親の悪影響
発達障害の精神年齢と生きづらさ
発達障害の人必見!フラッシュバックの治し方

人の輪に入りたいのに入れなかったり。友達が欲しいのにできなかったり。人から嫌われてしまったり。人間関係の悩みやストレスは、うつ病の最大の原因です。発達障害であるかどうかに関わらず、それは同じなのです。しかし、発達障害の人には、人間関係に悩まされることが多い。そのため、うつ病になるリスクも高いと言えます。

発達障害の人がうつ病になる原因は、それだけではありません。発達障害の人の中には、親や家族の無理解により、人格形成がうまく成されず、自我未発達なまま大人になってしまう人がいます。「自分がどんな人なのかわからない」「自分に自信が持てない」「何のために生まれてきたのかわからない」「自分なんかいない方がいいと思う」「自分が好きになれない」といった生きづらさを感じており、それがうつ病を引き起こすことがあるのです。

ここにもそんな人がいます。ある発達障害の人が、その経験を語ってくれました。

***

私のうつ病は、発達障害が原因だと思っていました。違いました。「親」が原因でした。

私の母は、見栄っ張りな人でした。人からいい母親だと思われたいといつでも考えているような人で、私に常にイイコでいるように強制しました。

発達障害のあった私は、確かに、幼い頃から、変わったところのある子供でした。友達と仲良くできないばかりか、「仲良くしたい」とも思っていなかったように思います。

そんな私の一挙手一投足に口を出しました。友達にはこうしなさい、こう言いなさい・・母は毎日毎日・・事細かに私のしたこと言ったことにダメ出しし、「こうすべき」を教え続けました。小学校に入る前から始まり、ずっと。毎日毎日。

そして私は、完全に壊れてしまいました。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
愛情不足診断【愛着障害】
承認欲求セルフチェック
親パワハラ診断
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
人間不信診断【セルフチェック】
メンタル弱い度チェック
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック
毒父チェック【無料診断】
燃え尽き症候群セルフチェック
完璧主義診断【セルフチェック】

カテゴリ一覧