子供の「自分を責める」


自分を責める子供。その心理と対処法

虐待されている子供の特徴のひとつに「自分を責める」ということがあります。「自分を責める」とはどういうことでしょうか。なぜ、虐待されている子供は自分を責めるのでしょうか。そのような子供は、どんな大人になるのでしょうか。 ...

自分を責める子供の心理

人からひどことをされたとき、普通であれば「ひどいことするな」と感じ、「そんなことしないでよ」と相手に言ったり、たとえ言えなくても怒ったりすることができます。しかし、虐待されている子供は違います。どんなに親からひどいことをされても、そうは思えません。

「親のせい」にできない子供

虐待されている子供はそんなとき、「自分が悪い子だからだ」と自分を責めます。「パパやママが悪いんじゃない。自分のせいだ」と親をかばうことさえします。自分に責任のないことまで、責任を感じているのです。それが、「子供が気に入らない」という理由で子供に暴力を振るったり、罵倒しているだけだとしても。機嫌が悪くて、イライラを子供にぶつけていただけだとしても、なのです。

関連記事
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
子供より自分優先のダメ親
子供に自分の話ばかりする毒親。心理と対処法
自分がいたら迷惑?「自分が邪魔な存在に感じられる」の原因と治し方

「自分のせいだ」と感じる子供の心理

幼い子供にとって親は、絶対的な存在です。親の言っていることを正しいこととしても理解します。そんな子供には、親のしていることが、自分のイライラを子供にぶつけてるだけだ、などとは理解できません。自分に悪い子だからだ、と考えるのは子供にとっては、当然のことなのです。こうして子供は、自分のせいではないことにまで、責任を感じるようになっていきます。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
愛情不足診断【愛着障害】
メンタル弱い度チェック
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
承認欲求セルフチェック
親ストレス診断
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
いい子症候群診断【セルフチェック】
毒父チェック【無料診断】
自己肯定感診断【簡単チェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック

カテゴリ一覧