バカ親の特徴!きれいごとばかりの家庭


バカ親の特徴!きれいごとばかりの家庭

きれいごとばかり言っている親がいます。そんな家庭の中で、居場所を失っている子供も。きれいごとばかりの家庭とは、どんな家庭なのでしょうか。そこにはどんな問題があるのでしょうか。きれいごとばかりの家庭で育つ子供は、どうなるのでしょうか。 ...

「きれいごとばかり」。そんな家庭に育った人がいます。その家庭の実情を、そして今なお感じ続けているという生きづらさを、ある毒親育ちの人が語ってくれました。

きれいごとばかり言っている両親でした。私たちきょうだい2人は、親にボロボロにされました。

関連記事
子供をだます父親。子供に経済的負担をかけ続けた毒一家
子供をコントロールしようとする毒家族
親が家にいない..共働き家庭に育つ子供の末路
会話のない毒家族

母はとても見栄っ張りな人でした。世間体ばかり気にして、やたらといい母親だと思われたがっていました。私はいつも言われました。「どこに出しても恥ずかしくない娘でいて」。その期待に背くようなことがあれば、ひどく叱られました。

母は、家では口うるさいくせに、外では違いました。「子供に理解のある優しいお母さん」のふり。そして、言うことも違いました。「ウチの子は、とってもイイコ」・・私の自慢ばかりしていました。私は、そんな母の「きれいごと」を耳にするたび、その通りの「私」を演じなければならないような気がしました。つじつまを合わせなければ母が恥をかくと、子供ながら自分の振る舞いに気を使っていました。

実家の言いなり。頭が硬い。実家依存症の毒母
家族をストレスのはけ口にする父親
人格否定!友達の数で人の優劣を決めるバカ親
軽蔑。子供からバカにされて当然の父親

父は父で、きれいごとばかりの人でした。父は、単なるサラリーマンだったのだけれど、ちょっと名の知れた会社に勤めているからといって、自分が特別な人間だと勘違いしているような人でした。普通の人たちのことを完全に見下していました。

父は、自分がいかに特別な人なのかを常に意識し、それを人に自慢したがる人でした。父の父親は、大学教授でしたが、それが父には自慢でした。大学教授なんて、いくらでもいるのに。父のおじさんのおじさん・・くらい遠縁の人が、皇室に嫁いだ人の実家のある人と勤務先が一緒、なんていう、自慢にもなんにもならないようなことを人に触れ回り、私は何度も恥ずかしい思いをしました。

そして私のことも。父は、私のことも自慢したがりました。そのためには、私は「かなり優秀な子供」でいなければなりません。私はちっとも優秀じゃなかったのに、優秀なふりをしていなければならなくなりました。ちょっと気を抜いて、父に苦情を言われたことがあります。父は母にも文句を言ってました。「娘があれじゃ困る」と。

こんな私の生い立ちは、これだけでも十分悲惨なのに、妹はさらに悲惨でした。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
毒父チェック【無料診断】
親パワハラ診断
自殺危険度診断【セルフチェック】
人間不信診断【セルフチェック】
acタイプ診断
自分の親が最悪な親かどうかわかるチェック
自己肯定感診断【簡単チェック】
愛情不足診断【愛着障害】
すぐわかる!ADHDチェック
ダメな親診断【セルフチェック】

カテゴリ一覧