経済的に子供を頼るダメ親


経済的に子供を頼るダメ親

経済的に子供を頼る親がいます。経済的に頼られて、困っている子供の立場の人も。経済的に子供を頼る親には、どんな特徴があるのでしょうか。その心理は? 問題点は? 子供の立場の人間は、どんな思いを抱えているのでしょうか。 ...

「子供は、親の面倒を見て当然」。そう思っている親がいます。介護の問題だけではありません。経済的に子供をあてにする親もいます。自分が生きていくだけで精一杯なのに、親の経済的援助まで・・。たまったものではありません。

ここにも、そんな親を持ってしまった人がいます。その親子関係を、今も続くその苦悩を、赤裸々に語ってくれました。

関連記事
子供の好みにまでダメ出し。過干渉な母親
子供を信じる気持ちゼロ。悲観的なダメ親
優しくない。娘に意地悪な母親
威張る。見下す。バカにする。子供に偉そうな父親の末路

父と母の口癖は、「頼りにしてるね」でした。

私は、父と母のひとり娘。子供の頃から、私は、繰り返しそう言われてきました。たとえばテレビを見ていて。年老いた母親が娘と食事をしているシーンを見ながら、母はよく言いました。「頼りにしてるね」。

ヒステリー?癇癪?思い通りにならないと怒る父親
子供が親のご機嫌取り..気に入らないと拗ねる毒母
愛着障害。冷たい母親に育てられた子供の末路
めんどくさい母親。束縛され続けた子供の末路

外を歩いていても。おじいさんが、娘さんらしき人に車いすを押され散歩をしていると、「頼りにしてるぞ」。父も言いました。

正直なところ、それを言われていい気分になったことはありません。なんと答えていいのかわかりませんでした。私が返事に窮していることにも気づかず、父と母は、何かにつけそれを言い続けました。私は、すっかり洗脳されてしまったと思います。子供とは、年老いた親に優しくするもの。自分は将来、親を介護するんだ、と。それをして当然なんだ、と。

そんな私は、恵まれた生活をしていたと思います。父と母、最愛の「ひとり娘」。欲しいものは何でも買ってもらいました。私立の高校、大学にも進学させてもらいました。でも私は、いつもどこか孤独でした。何をしていても憂な気分が抜けず、将来のことがやたらと不安になりました。

胃痛が治らず病院へ行ったのは、小学校6年生のとき。頭痛が治らなかったのは、中学生のとき。高校生のときには、過敏性大腸炎になりました。

私は、親戚の人や知人からよく言われました。「大事にしてもらって幸せね」と。そんな私の様々な体調不良の原因が「親」だったなんて、誰が信じてくれたでしょうか。

それがわかったのは、ひょんなことがきっかけでした。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
いい子症候群診断【セルフチェック】
心理的虐待ダメージ診断(旧:毒親洗脳度チェック)
承認欲求セルフチェック
メンタル弱い度チェック
モラハラ親チェック【無料診断】
アダルトチルドレン セルフチェック
acタイプ診断
自殺危険度診断【セルフチェック】
親ストレス診断
共依存度診断【セルフチェック】

カテゴリ一覧