自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感とは、ひと言で言うと、自分を好きでいられるチカラのこと。具体的には、自己肯定感の低い人ってどんな人? このわかるようでよくわからない「自己肯定感」についてわかりやすく解説します。後半では、目から鱗! 自己肯定感を高める方法や、子供の自己肯定感が低い時の対処法も解説します。ぜひ最後までご覧ください! ...

自分の欠点が気になる

自己肯定感の低い人は、自分の長所より短所ばかりが気になり、ありのままの自分を好きになる、ということができません。

自分が劣っているような気がする

自己肯定感の低い人は、ついつい自分を人と比べてしまいます。人より劣っている部分が見つかると、自分に自信がなくなってしまいます。

卑屈になる

自己肯定感の低い人は、自分が迷惑な存在・邪魔な存在に感じられている傾向があります。自己肯定感の低い人がつぶやきたくなる言葉は「自分なんかどうせ・・」。自分は人から好かれない、自分と一緒にいてもみんな楽しくない、自分の話なんて誰も聞きたくないはずだ、と思い込みがちです。

自分を大切にできない

自己肯定感の低い人は、自分には愛される価値がない、幸せになってはいけないような気がする、と感じています。自分には価値がないような気がし、自分で自分を大切にすることもできません。

責任感過剰

自己肯定感の低い人は、責任感が強すぎる傾向があります。何か問題が起こると、自分のせいのような気がして、悪くないのに謝ってしまったりします。

批判に弱い

自己肯定感の低い人は、批判、叱責に弱い傾向が顕著です。ひどく落ち込み、一度落ち込むとなかなか立ち直れません。批判されると、自分が全面的に間違っているような気がしてしまいます。

自己主張が苦手

自己肯定感の低い人は、思っていることを口にすることが苦手です。言いたいことがあっても言えず、人の話に合わせてばかりいたり、誤解されていることがあっても、反論することができません。 [...]


人気の記事
うつセルフチェック【無料診断】
人間不信診断【セルフチェック】
親パワハラ診断
親ストレス診断
メンタル弱い度チェック
すぐわかる!ADHDチェック
acタイプ診断
毒親育ち度診断
嫌われたくない症候群診断【セルフチェック】
すぐわかる!モラ母(毒母)チェック


カテゴリ一覧

先頭へ戻る